NHKスペシャル沸騰都市/シンガポールに思うこと

今日の日記は珍しく硬派な(?)考察なので、興味のない人は読み飛ばしてね~。

----------

夕ごはんを食べ終えてお風呂も入り、居間でのんびり勉強をしていた日曜の夜。
つけっぱなしにしていたテレビで「NHKスペシャル沸騰都市」が始まったので思わず観る。
これはNHKスペシャルが不定期に放送するシリーズものなのですが、2008年5月のシリーズ第1回目「ドバイ 砂漠にわき出た巨大マネー」が社内でかなり話題になったのです。
そして今日は「シンガポール 世界の頭脳を呼び寄せろ」でした。

シンガポールと言えば、「シンガポール株式会社」と呼ばれるほど、政府が独断専行でがんがん攻めのビジネスを展開しているアジア1の金融都市です。
東京都23区と同程度の国土面積に480万人が住み、資源も無いながら、国民ひとり当たりのGDPでは日本を抜いて「アジア1豊かな国」となったシンガポール。
その急成長の核となっているのが、「世界中から頭脳と金を集める」システムです。

「世界から才能を呼び続けることが肝要です。才能こそが繁栄をもたらすのです」。そう言って世界中から優秀な科学者を呼び寄せて金に糸目をつけない厚遇で迎え入れる。
「ノーベル賞なんか二の次です。科学研究は産業に結びつかなければ意味がない。才能はGDP、雇用、国の収入となる」という明確な「経営戦略」に基づいた「投資」なのです。
さらに、一定額以上をシンガポールに投資した外国人富裕層に対してはほぼ無条件で永住権を与えている。経済規制も限りなくストレスフリーであり、ビジネスに貪欲な資産家にしてみれば「地上の楽園」とでも言うべき都市になっているようです(実際に言ってた)。

その一方、急成長を支える労働力は、流入する近隣の外国人労働者が担っている。
彼らは安い賃金、劣悪な労働環境に耐えながらお金を稼ぎ、祖国に送金している。
そんな彼らは契約期限は2年間、永住を防ぐため現地での結婚は許されず、女性は半年に1度“妊娠検査”を受けて、妊娠が判明すれば強制送還となるという。へえー。
同じ「外国人移入者」でもずいぶん違うんですね。あからさまな階級社会でもあるんだ。

景気の悪化で外国人労働者がどんどんクビになり、一文無しとなって祖国に送還される現状について、外国人記者が「結局、しわ寄せは外国人なのですか」と批判めいた質問をしたときのリー・シェンロン首相の答えがものすごく“独裁国家”っぽくておおお、と思いました。
「はっきり申し上げます。外国人はバッファー(調整弁)です。こういうときにバッファーになってもらうために外国人を受け入れているのです。国民の利益を優先するのは当然です」
これは・・・、アメリカや日本のトップが発言したら袋叩きだろうなあ。

シンガポールに関しては、最近もうひとつ興味深い記事を読みました。

内田樹さんの著書にあった「シンガポールの悩み」というエッセイなのだけど、それによると、シンガポールの今の悩みは「独自の文化と伝統がないこと」なんだそうです。
文化振興のために外国から高額で演奏家を招いて、国営のオーケストラをつくったりしているけど、どうにも薄っぺらでいただけない。その最大の原因は「言語を失ったこと」にあるのではないか、と内田氏(原典は毎日新聞の論説)は書いていました。
もともとは中国のいろんな方言を使っていたのだけど、ビジネスに不向きだからと英語と北京語を公用語として推奨した結果、家庭内でも世代間で言葉が通じなくなってしまった。
さらに、国土がどんどん近代的に開発されまくって、「原風景」というものを失ってしまった。

最近は「シンガポールを愛そう」という運動を政府が推し進め、愛国心の高揚を図っているそうだけど、先の“沸騰都市”と合わせると何とも複雑な構造が見えてきます。
リー・シェンロン首相が優先したい「国民の利益」は誰に還元されるんだろうか。
お金持ちでも才能豊かでも貧困層でもない「普通のシンガポール人」はどこにいるんだろ。
ある種の「独裁国家」であるシンガポール。国の産業はほとんどが国営で、リー首相一族が強い支配力を持っている。報道規制も厳しく、表現の自由もないと言われています。
でもGDPでは「アジア1豊かな国」。資本主義の世界では、「地上の楽園」。ううむ。

やけにシンガポールに拘ってしまったのは、「国の幸せ」って何だろうとしみじみ考え込んでしまったからです。確かデンマークは「幸福度」が世界一高い国、と聞いたことがあるけど、あの「幸福度」って何を根拠にしてるんだったっけ。社会福祉や教育?所得格差の小ささ?
さまざまな立場の人間がさまざまな観点をもってさまざまな主張をする、それらの最大公約数が「国の幸せ」なのかしら。国内だけじゃなく、世界的な評価も必要なんだろうな、やはり。
政治家って大変な仕事だよなー、と今更ながら思います。本当に今更だけど。
何をしても批判されてばかりだけど、じゃあおまえやれよ!って言いたくなるだろうなー。

----------

とりあえず、明日の22:00から「沸騰都市シリーズ」の最終回が放映されます。
最後は「TOKYOモンスター」です。面白そうだ。会社のDVDをセットしておくことにします。

NHKスペシャル/沸騰都市 オフィシャルサイトはこちら
[PR]
by saku_2425 | 2009-02-16 00:41 | うたかた日記
<< TOKYOモンスター バレンタインデーの土曜日。 >>