なくもんか

f0034543_0341949.jpg
「試写会が当たったんだけど行かない?」と同僚に誘われて、急遽行ってきました。
宮藤官九郎×阿部サダヲ。そりゃ観るでしょ!クドカンが監督ではないというのがまた良い(笑)
脚本・クドカン、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲは、2007年の『舞妓Haaan!!!』と同じ顔ぶれ。クドカンが脚本+監督を務めた『少年メリケンサック』はいまいちのれなかったのだけど、『舞妓Haaan!!!』はすっごく好きだったので、これも楽しみにしていたのです。ラッキーでした。

で、作品ですが、良かったです。おおいに笑っておおいに泣いて、スッキリと楽しめました。
「家族」をテーマにしているせいか、意外とポピュラー。クドカンおなじみの下ネタや徹底した毒があまり見られず、初クドカン作品だという同僚も「面白かったね~」とにっこりしていました。
脚本も、けれんみがなくてシンプルな印象。ひねった展開はなくて、オチもストーリーも予想通りに進んでいく感じが『舞妓Haaan!!!』とはひと味ちがう「メジャーなクドカン」と言いますか(笑)

でも、そのシンプルなストーリーをこれでもかと極彩色に色づけするのが俳優陣なんだよねえ。
阿部サダヲはお見事の一言!阿部サダヲあっての主人公でした。捨てられた子どもであり、商店街のお人よしであり、親であり、夫であり、兄であり・・・という色んな表情を魅せてくれて素晴らしい。
瑛太さんの繊細な演技もお見事でした。あんなに存在感のある人なんだなあ。ラストシーンのステージ上で見せる表情にはぐっと来ました。

小気味良い演技でスクリーンに華を添えていたのが竹内結子さん。この人も素敵でした~。
クドカンが描く女性はたいてい「めんどくさい女」「うざい女」「勘違い女」「エキセントリックな女」などの要素をデフォルトで詰められるのですが(『舞妓Haaan!!!』の柴崎コウさんはまさにそうだった)、竹内さん演じる徹子は前述の要素を満たしながらも、かつ堂々たる“いい女”。かつ見事なコメディエンヌっぷり。いい女優さんだなあ!

他にも、いしだあゆみ、塚本高史、伊原剛志などなど、見ごたえのある役者さんたちがずらりです。

11月14日公開の『なくもんか』。この秋、オススメの一本ですよ。
[PR]
by saku_2425 | 2009-11-10 00:30 | 映画をみる
<< 東京出張(with隊長)。 ようこそ福岡へ! >>