31歳、怒られる。

しっとり雨の月曜日、振替休日をもらってのんびり過ごしました。・・・午前中は。

ブランチにオムライス&野菜スープをつくって食べた後、重い腰を上げて出かけたのは病院。
日常生活に支障をきたし始めた貧血およびその原因を今度こそは根治せんと、にゃこに紹介してもらった産婦人科へお出かけです。ちなみにこれまで通っては止め、通っては止めしてきたのは、ひとえに私の根気のなさのためであり、行った病院が悪かったわけでは決してない。と思う。

雨の中、傘をさしててくてく向かう病院。
受付で名前告げる。待つ。呼ばれる。看護師さんに問診される。

看護師「これまでなぜ途中で治療を止めてきたのですか?」
サク「・・・し、仕事が忙しくて・・・」
看護師「飲んできた薬の名前、分かります?」
サク「・・・分かりません」
看護師「いちばん最近の検査数値、覚えてます?」
サク「・・・6.1とか、そんな感じ・・・」

案の定、診察に呼ばれて医者(女医さん)の目の前に座るなり、雷が落ちる。

医者「あなたねえ!薬の名前くらい覚えておきなさい!自分の身体でしょ?治療も途中で止めて、仕事と自分の身体とどっちが大事なんですか!」
サク「す、すみません」
医者「何ですかその顔色!蒼ざめてるのを通り越して土色じゃない!きついでしょ?何でこうなるまで放っておくの?今回はきっちりやるからね。治すからね。覚悟しなさいよ」
サク「よ、よろしくお願いします」

大人になってこれだけ怒られることも珍しい。しかしありがたい。「怒られてありがたい」というのはまさに大人になってからしか分からない感情でございますな。
しおしおと血液検査を受け、エコーを撮り、鉄剤の注射を受ける。「ちょっと寝てなさい!」と怒られたので学校の保健室みたい・・・と思いながらぼんやり横たわっていると、看護師さんがやってくる。

看護師「サクさん、今後の治療方針を立てるにあたってMRIを受けてほしいんです」
サク「MRI・・・。あの、輪切りにするやつですか!?」
看護師「そうそう、何かかまぼこ型のドームみたいなやつ」
サク「かまぼこ型のドーム・・・」

そして明後日、人生初のMRIを体験することになりましてん。輪切られるよ。
もうこうなれば今度こそ徹底的に通って治してやるんだ。来年厄年だし。頑張れ私。
しかし「土色」は効いたなあ・・・。治療日記とか、つけるか。
[PR]
by saku_2425 | 2009-11-30 23:30 | うたかた日記
<< 師走のおついたち チャイとマイケルとエンデの日曜。 >>