新卒向け会社説明会なぞ。

f0034543_2220021.jpg
土曜日は、某大学で行われた2011年卒業の学生さん相手の会社説明会に参加してきました。
創立5年目のうちの会社、メンバーはそろって転職組で、未だ「新卒採用」の経験はない。
まあとりあえず検討しよう、みたいなノリだったので、何と言うか、やけに自由なうちのブース。そもそも説明者が私と隊長、&マーケット原理主義者の上司だしな。

サク「・・・とまあ、こういう感じの会社です。じゃあ部長から一言もらいましょう。部長!」
隊長「なに?あ、会社説明ね。うちはなかなかすごいよ。すごい会社なの、知られてないけど」
サク「だからそれを知らせるために説明してるんでしょうが」
隊長「この人はね、文学のことしか考えていない変人だけど、それでもちゃんと働けているから皆さんも大丈夫です」
サク「こんなせっかちな人が部長を務めている会社だけど潰れてないから大丈夫です」
隊長「せっかち関係あるのか?」

後で学生さんに「漫才かと思いました」と言われました。

しかしなあ、10歳違うんだぜ!やっぱり幼く見えるよねえ。かわいく見えるよねえ。
大学の特色なのか、皆さんまじめで素直で熱心で、「そんなに一生懸命にならなくても大丈夫よ、生きていけるから」とか言いそうになってしまうほどだった。何か、大学生というより、小学生みたいだった。きれいな校舎に手書きのポスターとかたくさん貼られてるし(「校内をきれいに!」とか)。
自分が学生の頃は、もっと生意気で不遜で、根拠のない自信だけあってかつ怠け者だったと思う。

20歳そこそこの彼らの人生が、これからどんどん楽しくなっていくことを願います。

そんな先輩ぶった感慨を持ちながら学生だらけのホールをふらふら歩いていたら、「ねえ、アンケートってどこに提出すればいいの?」と学生さんに呼び止められる。分からなかったので「さあ?」と首をかしげてすれ違った後、あれは学生に間違えられていたのだ、と気づいて愕然とする。
若く見られて嬉しがるべきなんだろうか。何か違う気がする。私は31歳、社会人になって8年・・・。

一日中学生さんに揉まれて疲れ果てたのか、帰宅してお風呂に入ったら微熱も出ていて昏倒。
今日はおとなしく家事をしたり本を読んだり書きものをしたりして終日お部屋で過ごしました。
画像はおやつに食べたおはぎ。でっかいので、実質これが夕食にもなりました。あと、みかん。
休日は相変わらず食べるものがいい加減になりますな。さ、明日からまた一週間頑張るぞ。
[PR]
by saku_2425 | 2009-12-06 22:45 | うたかた日記
<< 冬の朝 2009年11月に読んだ本 >>