師走の涙

だんだん仕事の流れが滞ってきている気配がある。じんわりと遅くなりつつある帰宅時刻。
変化の緩やかさにしばらく気づかなかったけど、これはあれじゃないのか。熱湯にカエルを入れるとぴょんと逃げ出すが、水を少しずつ温めていくと気づかずにそのまま死んじゃうって話。

何だ、私茹でられてるのか?

今月に入り、周囲から立て続けに打ち明け話や訴えが飛び込んできた。
会社だけでも3人の涙を見た。聴くのは人事の立場であったり、個人の立場であったりしたけど、とりあえず私にできるのは黙って聴くこと。必要とされれば言語化すること。

そういえば私自身は今年はあまり泣いていない気がしますよ。

忘年会の予定も入り出し、カレンダーの空白がみるみるうちに埋まっていきます。
自分用のスペースはきちんと確保して、今年をゆっくり振り返りたいな。
今年で大殺界もようやくおしまい。つらかったことは全部大殺界のせいにしてしまえー。

そして、来年は本厄であろうとも関係ないんだ。
[PR]
by saku_2425 | 2009-12-09 01:23 | うたかた日記
<< 検査三昧。 冬の朝 >>