検査三昧。

インフルエンザにも風邪にも縁がなくすこぶる元気なのに、仕事の合間に病院三昧ですよ。
渡された検査結果の「血色素6.5」という数値にげんなりするけど、たしか春先には5.8を記録していたはず。だからまだ大丈夫。でも「鉄9」ってなんだ。
「成人女性の血中鉄分は49~150」って書いてあるぞ。「9」って桁が違うけどいいのかなあ。

前回私の顔色を「土色」と吐き捨てた先生も、検査結果をご覧になって少し優しくなりました。

先生1「血色素は8以下で輸血を検討するのだけどね・・・。あなた、常時、富士山のてっぺんで行動しているような酸欠状態になってるね。もうちょっと検査してから治療方針を立てましょう」

富士山のてっぺんでも仕事はあるんだよ。MRIで輪切られ(磁気られ?)、血液を抜かれ、細胞を切り取られながら仕事をしていたら、会社の健康診断があったことをすっかり忘れておりました。
あわてて健康診断を受けに行く。そしてまた血液を抜かれ、レントゲンを撮られ、心電図を計測され、身長・体重・視力・聴力を測られ、とどめに腹囲を測られる。

看護師「あらっ、昨年より体重は減ってるんですけどねー、腹囲が増えてますね」

ソレハドウイウコトデショウカ。皆が私の身体を切り刻んで好き勝手なことを言う、とやさぐれる。
でもこれはあれだな。「今年の汚れ今年のうちに」って感じで、いいかもしれない。新しい一年を新しい気持ちで迎えるための大掃除だと思えば、隅々まで検査してくれるのはむしろありがたいんだ。

そんな気持ちで健康診断の最後をしめくくるべく、診察室に入って医師の問診を受ける。

先生2「貧血の治療をしてるんですね。ああ、確かに顔が土色、いや色白ですもんね」

もう、2009年のテーマカラーは土色ってことでいいよ。2010年はバラ色にしてやるからな。
[PR]
by saku_2425 | 2009-12-10 00:12 | うたかた日記
<< ダ・ヴィンチ2010年01月号 師走の涙 >>