アバター@3D試写会

仕事を抜けてちょっくら試写会で『アバター』を観てきました。初の3D!
入り口でゴーグルのようなメガネを渡されてわくわくしながら待つ。けっこう重いのね、このメガネ。
ちなみに仕事関係の試写会だったため周囲はほとんどスーツ姿のおじさまで、その方たちがもれなくでっかいメガネをかけて神妙にスクリーンに向かっている様子は実にほほえましいものでした。

さて、『アバター』ですが、まんま「ナウシカ」でした(笑)
あと「エヴァンゲリオン」と「もののけ姫」と「ロード・オブ・ザ・リング」と「ラスト・オブ・モヒカン」。
シーンも設定も展開もすべて「うん、どっかで観た」で埋め尽くされており、オリジナリティの欠片もない映画だったのが逆にすがすがしかったです。“映像が全て”ということなのね。

ちびみどりちゃんも一緒に観たのですが、「指輪物語だったな!」と一言で終わってました。
「ジェームズ・キャメロンはどこに行くんだろう」とも。私は監督の他作品を知らないので何とも言えませんが(「タイタニック」は観たことがある。ホラーだよね)、たぶん、“王道”を行くんじゃないかな。

この映画が公開された後、世界中でどのように評価されるのかは分かりませんが、少なくとも日本では上映中の館内が「ナウシカ・・・」というもくもくの吹き出しでいっぱいになると思いますぜ。
あと、やっぱり生身の人間ドラマが観たいなあ。CGはしんどいね。アナログ人間ですね。
それと、メガネをずっとかけていると鼻の付け根が赤くなるので特にデートでは気をつけよう。
[PR]
by saku_2425 | 2009-12-21 22:04 | 映画をみる
<< ザ・忘年会。 親友からのクリスマスプレゼント >>