夏休みの報告

f0034543_01238.jpg
1日半の夏休み。TOEICの教材と水着を持って、リゾートホテルに一泊してきました!
読む本を携えていないのは、ホテルのすぐそばに大きな図書館があるからです。いいロケーションだねえ。
いつもは車で来る図書館なのですが駐車時間の制限があるため最長2時間しかいられない。
でも近くのホテルに泊まって車もナシなら思う存分入り浸れるじゃん★という魂胆だったのでした。

夕方にチェックインしたら、すぐに図書館へ。ぶらぶらと物色しながらとりあえず今夜読む本を・・・と3冊腕に抱えて外に出ると、西の空に金色の光が広がっていて心の中で小躍りする。夕日大好き!
これからホテルで過ごすんだー、ごはんもひとりで食べるんだー、広いベッドでひとりで眠るんだーと思えば思うほどふつふつと胸に滲んでくる素朴な喜びがある。ああ、幸せだ・・・。

そう、図書館だけじゃなく、ホテルに泊まるのも私は大好き。
すぐ近くに自分の家がありながら目的もなく泊まるなんて贅沢なようだけど、まあ普段そんなに贅沢してないから、たまにはいいじゃない(誰に言ってる)。そう高いホテルでもないし。
夕ごはんは何食べようかな、ちょっとだけ飲みたいな、カジュアルなイタリアンでワイン飲むか・・・と歩いているうちに、とつぜんどうしてももずく酢が食べたくなり(好物)急遽近くの居酒屋に入る。

サク「生ビールともずく酢ください」
店員「申し訳ございません、もずく酢はおいておりません」
サク「えっ、居酒屋なのに!?」

驚きがそのまま口に出た。申し訳ないことをした。でもしょんぼりしながら頼んだ一口餃子もわさび豆腐も平目の薄づくりもおいしかったから元気になる。
ひとりでぼーっと食べたり飲んだりしながら周囲を観察するのって面白いのです。
酔っ払ったらすぐ部屋に帰って寝ちゃえばいいし、周りの人は誰も私を知らないし、何だかにやにやしちゃう。旅先ほどではないけれど、日常でもこういう解放感を味わえるのがホテル泊の好きなところ。

ふんわり酔って部屋に戻り、お風呂に入ったり果物を食べたり、勉強したり本を読んだりする。
大きなソファに横たわってでっかいテレビを観たりもする。そうこうしているうちにホテルのプールで泳ごうかな★と水着を持ってきたことをすっかり忘れ、満足しきってすやすや眠りに堕ちたのでありました。

次の日はゆっくり起きてチェックアウト後、またしても図書館へ入り浸り。
TOEICの模試を初めて時間を測って解いてみる。まず120分も集中力が続かない!がーん。
むきになってがりがりと解いたり、疲れたら本を読んだり、おなかが空いたら図書館内のレストランでごはんを食べたり、ぶらぶら書棚をめぐってみたりしているうちに時間はあっという間に過ぎる。
図書館はいいねー。静かで広くて本の匂いがして明るくて。人がいなければもっといい。でも満足。
結局5時間ほど図書館で過ごし、満たされて辞去しました。(帰宅前にもう一軒図書館に行ったけど)

短くも充実した、幸せいっぱいの夏休みでした。いつも車移動なので、短い距離とはいえじりじりと暑い中を歩いたのも新鮮でした。海沿いなので潮の匂いがしてきて、おお、夏だと感激したり。
夕ごはんにカレーをつくって平らげた後でふと鏡を見ると、うっすら日焼けしていて、身体もくたくた。ホテルと図書館にこもってただけとは思えないな・・・とさらに満足してぐらぐらごとんと就寝しました。

いい夏休みでした。さあ、チャージしたエネルギーを遣って残りの夏を一気に駆け抜けるぞ。
[PR]
by saku_2425 | 2010-08-21 00:46 | うたかた日記
<< マゾなモチベーション 突発的夏休み >>