オトナの段取り力

まだ2月なのにすっかり春めいた空気のなか、毎日元気に楽しく暮らしております。

先日は東京で一日研修を受けてきました。名づけて「段取り力アップ研修」。…すみません、いつも段取り悪くてすみません。「これ受けてきたら?」と笑顔でパンフレットを差し出した上司の顔を思い出しながら、まじめに受講して段取り力を獲得して帰るぞ、と勢い込む。

講師「今日いちばんに心掛けていただきたいのは、たくさん発言するということです。失敗することは恥ずかしいことではありません。まずバッターボックスに立つ!」

あ、あの、それは段取り力と関係あるのでしょうか?

その後もやたらとグループワークが続き、グループ内でなぜかリーダーに指名されたこともあって大忙し。忙しすぎて笑えてくる。模造紙に付箋をはったりマジックの色で悩んだり、何だか小学校の社会学習チックですよね!30人もの大人が部屋をうろうろ歩き回る。

講師「質問があればなんでも言ってくださいね」
参加者「あの、急ぎの仕事があるときに、急にミーティングの予定を差し込まれたらどのように対処すればいいのでしょうか?」
講師「そうですね、『予定は前もって言ってほしい』と言いましょう!」

先生、質問者の方が明らかにがっかりしています。

講師「さて、終了時間までもう少しですが、時間が足りずにレジュメが1/3残ってしまったので各自で読んでおいてください!」

だ、段取りワルーーー!!

その後、同グループの方々から「研修内容はともかく、皆様と知り合えてよかったです」「研修内容に限らず、いろいろな刺激を受けました」「皆様との交流が非常にいい経験になりました」等のメールをいただき、オトナ達のオトナ語遣いに感じ入る。返信メールを打っていると、またメンバーの方からぴこんとメールが届く。

「サクさんの言葉遣いがとてもきれいで感心しました。よろしければ僕とお友達になってくれませんか?プライベートアドレスはこちらです。メールで文通しませんか」

オトナにはいろんな段取り力があるのだなあと感心しきりの研修体験でした。
[PR]
by saku_2425 | 2011-02-28 00:06 | うたかた日記
<< 寄り添って祈る 友達の友達は >>