ぼんやりと真夏日

今日は真夏日だったらしいですね。
福岡も暑かった。
仕事中、郵便局まで行こうと外出したときびっくりしました。

いつもは窓も開かない高層のオフィスにカンヅメ状態で働いており、
しかも通勤も車なので、考えてみるとホントに外気に触れる機会がない。
改めて考えると、しみじみと・・・いかんなあ。生きものとして。

日差しの中から柔らかい風がふわふわ吹いてきて、緑が濡れたような匂いもして、
気持ちはいいのだけれど春のような夏のような、眠たくなるようなあいまいな心地。
空も青いけど、ぼやけたようなにじんだような、白みがかった情緒的な青。
そういえば、「光化学スモッグ」とかニュースで言ってたな。

何だか、暑さのまっただなかに飛び出してみたくなりました。
かんかんと照りつける太陽の下、眩しさに顔をしかめながら汗をだらだら流して、
「ああ、暑いよー!」と心の底から叫んでみたい。
乾いた風と、折り紙のようにパキッと単純な青空の下で手足をむき出しにしてみたい。
熱にほとびて、身体を脱ぎ捨てて、意識を失ってベッドに横たわってみたいなあ。

ようし。
来月、石垣島に行ってきます!
[PR]
by saku_2425 | 2007-05-09 23:14 | うたかた日記
<< ふたりの親友 慣れてることと慣れてないこと >>