イ・ムジチ合奏団

取引先からチケットを頂いたので、「イ・ムジチ合奏団」コンサートに行ってきました。
「こういうの好きでしょ、行く?」と社長秘書からお誘いを受け、「行く!」と即答したものの、
「で、イ・ムジチって韓国の人?」と聞くくらいの無知っぷり。てへ。

「イ・ムジチ合奏団」とは、12人から成るイタリアの弦楽合奏団でした。
何でも、1952年に結成されて以来、12人の友情と平和主義をモットーに、指揮者をおかず、演奏法や解釈の問題には合議制を採用しつづけているらしい(パンフレットより)。

「イ・ムジチのヴィヴァルディは最高だ。絶対にCDが欲しくなるよ」と社長。
そう言われると否が上にも期待が高まります。幕が開くまでの時間って幸福だよね。

・・・しかし、その後の2時間は幸福を超えて至福でしたなあ。
何て澄んだ音。軽やかであたたかくて、心に寄り添うような弦楽のアンサンブル!
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの12人が並んで腰掛け、まるで音で会話しているかのような正確で繊細なハーモニーを会場に響かせるのです。
私のクラシックコンサート経験と言うとオーケストラがほとんどで、肌を通して身体の内側に響いてくるような圧倒的な音の波にさらわれていく快感が主でした。
でも、マイクも使わないイ・ムジチの12の弦の調べは、まるで春の日光のような存在感。
思わず身を乗り出して、息をつめて耳を澄ませたくなるほどに繊細で魅力的!

何より、演奏している12人が楽しくて仕方ない感じなのです。
私の斜め前にいらした小柄なおばあさまは、リズムに合わせてうなずいたり肩をゆすったりして心から演奏を楽しんでいる様子でした。

アンコールでは「赤とんぼ」を演奏してくれました。
こういうコンサートでありがちな、演奏地におもねるようなやっつけ演奏ではまったくなくて、
完全にイ・ムジチ流にアレンジされた堂々たる「赤とんぼ」。
その叙情、メロディーの美しさ、やわらかな音色が観客を包み込み、すすり泣きが洩れていた。
・・・そして私たちも泣く、みたいな。

CDを買おう!と思ったら、何と、招待してくださった方がプレゼントしてくださいました。
う、嬉しい。聴こう。心の奥がさわさわと震えるような演奏なのですよ。
その後、社長を含めた4人でお食事して、感動をわけあい、すっかり満たされて帰ってきました。

贅沢な経験でした。いい一週間の終わりとなりました。多謝多謝!
[PR]
by saku_2425 | 2007-10-20 02:44 | 音楽をきく
<< 料理熱、ふたたび。 とどめに幸せのレシピだ。 >>