3月になりました。

昨日は、東京から出張で来福していた友人が久しぶりに遊びに来てくれました。
ここしばらく、非常に個人的な、かつ私には重過ぎる問題を抱えて四苦八苦していたので、事情をよく知ってる友人に話を聞いてもらって励ましてもらい、とても嬉しかったです。
友人に対しては今更カッコつけることも無意味なくらい、弱くて駄目なところも見せてきたしね。

人見知りの私にとって、一旦心を開いて信頼した人というのは、貴重な貴重な宝物です。
時が流れて道が別れていつか会えなくなってしまっても、その人と過ごした時間はやがて灯りとなって輝きだして、私自身の人生をずっと照らして守り続けてくれるんでしょう。
そう考えると、「過去は変えられないから振り返るな」という姿勢も実は違うのかも知れない。

私がかつて感銘を受けた言葉に、「過去は深みに向かって、未来は高みに向かって開かれている」というものがありますが、これは人が生きていく希望そのものを表していると思う。
過去を咀嚼して納得すること、なるべくなら愛しむこと、それはたぶん自分自身を肯定するのと同義です。今の自分だけじゃなくて、過去の自分も好きになれるといいな、と思います。

さて、昨日の友人は、私の性格をよく知っているが故のアドバイスをいくつかくれたのですが、
そのなかの「ひとり酒はなるべく止しなさい」というアドバイスにぐっと詰まる私。
「サクは飲まないだけで飲めないわけじゃないから、一度飲みだすと際限なく酒量が増えてしまう気がする。ご両親もお酒に強いわけだし。飲まなくても眠れるなら、飲まないほうがいい」
確かに・・・。下手に身体が受けつけるから、このところ酒量が少しずつ増えているのは事実。
開けないほうがいい扉かも知れないな、と思いました。肝に銘じよう。

3月に入りましたね。年初から覚悟していた通り、非常に時の進み方が遅く感じる今年です。
でも、昨日はあったかくて天気もよくて、冬が終わるのを如実に感じました。(花粉症持ちの友人の様子を見ていても感じました・・・)
職場では、入社2年半にして初めて異動することになりました。不安もあるけどけっこう嬉しい。
無理をしすぎず、楽しむ姿勢を大切に、新しい春を迎えたいと思います。
[PR]
by saku_2425 | 2008-03-02 20:50 | うたかた日記
<< 2008年2月に読んだ本 極端だなあ >>