カテゴリ:その他( 6 )

Twitter始めました。

冷やし中華始めました、的な・・・。

何だか面白そうなのでこそこそと試していましたが、どうやら続きそうです。
140文字以内で「つぶやく」というのが最初はピンとこなくてね。
「“つぶやく”ってひとりごとじゃん、誰に向けたらいいの?」と距離を測っておりました。
そろそろ慣れてきました。

ちょうどいいのは、短歌だね!
好きな短歌とか、日常で心にひっかかった言葉などを載せておくにはいいサイズ。
小説の一節には短すぎるけど、決まったフレームをかざせば、それに適した被写体は必ず切り取れるものだからね。これもひとつの「定型」と思えば、言葉好きには面白いです。

■Twitterのホームはこちら。
http://twitter.com/home

■サクのホームはこちら。
http://twitter.com/sakutakata

気が向いたら遊びに行ってみてください★
[PR]
by saku_2425 | 2009-10-05 23:43 | その他

お知らせ

いつも「サクのうたかた考察日記」にご訪問いただきありがとうございます。
今日は皆様にお知らせがあります。

このたび、新しいブログをオープンしました。
■サクノート■(http://sakutakata.blog7.fc2.com/)

ええと、エキサイトブログじゃなくてごめんなさい(笑)

この日記よりも創作性の強い、おはなしのような落書きのようなものになる予定です。
・・・と、思っているのだけど、これからどうなっていくかは私にも分かりません。
とりあえずオープンさせますが、しばらくは文体も内容もバラバラになると思います。
試行錯誤しつつやっていきますので、よろしければブックマークしてください。

このブログを始めて2年半、読みにきてくださる方もだんだん増えてうれしいかぎりです。
でも、もっと違うタイプの文章も書き残したいなあという欲が出てきたのが、「サクノート」開設の理由です。

テキストのみ、不定期更新になると思いますが、文章を読むのが苦にならないという方、サクの文芸オタクっぷり(笑)を見てみたい方はぜひ遊びに行ってやってくださいませ。

以上、お知らせでした★

f0034543_075254.gif
[PR]
by saku_2425 | 2008-08-10 23:58 | その他

ある女の衝動

個室から出て手を洗ったあと、化粧を直そうと鏡に向き直って女は初めて自分の顔を見た。
泣き腫らした目がぽってりと赤かった。
かすかに青ざめた顔色においてことさらに目立つ、その赤いふたつの潤みを女は見つめる。
しばらくそうして立ち尽くして自分自身と対峙した後、突然、女を嵐のような衝動が襲った。

こんなふうに涙を流すなんて間違っている。わたしはもう耐えられない。
わたしは彼のところに行かねばならない。そう、今すぐに―

化粧室を飛び出してオフィスに飛び込み、PCを落とすのももどかしく女は再び走り出る。
仕事なんて―。呆気にとられた同僚たちの顔を思い出しながら女は思う。
会議なんて書類なんてくそくらえ。わたしは彼に会いたい。今は何よりもそれが優先なのだ―。
駐車場まで息を切らせて走り、愛車のエンジンを回すなり強くアクセルを踏み込む。

いきなり行ったら彼はおどろくだろうか。

赤信号をイライラと見上げながら、焦る気持ちの片隅で女は考える。
電話ぐらいするべきかもしれない。彼にだって都合というものがあるのだから。
それに、男と最後に会った3ヶ月前、女は捨てぜりふを吐いたのだ。

―しばらく来ないわ、本当よ―

男が何と答えたのか覚えていない。でも、笑っていたような気がする。
さあ、どうだろうねと言わんばかりの表情で笑っていたのではなかったか。

そう、そしてその通り、こんな平日にわたしはいきなり彼のところへ押しかけようとしている。

出会ってから3年、これまで女は週末しか男に会わないようにしていた。
男と会うと、自分が変わってしまうからだ。
それがほんの1時間足らずの逢瀬であっても、男と別れて歩き出すとき、自分が1時間前の自分とはどこか「違って」いることがわかる。
ささやかな違和感のときもあれば、まったくの別人のように感じるときもある。
その変化はたいてい周囲にも見てとれるらしく、人から何やかやと問われることを女は厭う。

女は単調な日常を愛した。仕事を第一とした平日は、確固たるリズムを奏でて女を満足させた。
男と会えばそれが壊れる。だから女は、男に会うのは週末だけと自分で決めたのだ。

でも今日はだめだ、と女はハンドルを握りしめる。だめだだめだ。もう耐えられない。

わたしが間違っていた、とドアを開けるなり言おう。
あなたが正しかった、ごめんなさいと大声で言ってもいい。
3ヶ月なんて長すぎた。会わずにいるのには長すぎた。
その証拠に、ほら、わたしはもうこんなに泣いている、涙が止まらないの―

彼の住むマンションの駐車場に車を停めるのももどかしく、女は息せききってドアを開けた。

男は驚いて女を見た。しかし、戸惑うそぶりもなく、女を迎えようと堂々と歩みよってくる。
そんな男に向かって、再び目を涙で潤ませながら女はぽつりと告げた。
「我慢できなかった」
「そうだろうと思ったよ」
女が脱いだコートを慣れた手つきで受け取りながら、男が笑った。
「平日に来たのは初めてだね。今日、仕事は?」
「いいの、仕事なんて」
答える女の髪に男が触れる。冷気をはらんだ髪の毛の間からぱちりと静電気が立つ。
それをたしかめるように指先で髪を梳いてから、男は部屋の奥へと女をうながした。

女はうっとりとリラックスして、仰向けに横たわって男を待つ。
やがて男が近づいてきて、もう一度女の髪に手をやってから、おもむろに声を出す。
「イナガキさん、サクさんにシャンプー、お願い」

-----------------------------------------------

アシスタントの女の子がやってくる間、ふと私の赤い目に気づいた美容師さんが言いました。
「あれ、目が赤いけどどうしたの」
「も~、伸びた前髪が目に入っちゃって痛いのなんの!眼球が傷ついたらしくて。やっぱり髪伸ばすなんて私には無理だぁー!」
「だから無理って言ったじゃん。サクさん短いのが好きなんだから。今日はどのくらい切る?」
「とにかく、み・じ・か・く!!」

・・・そんなこんなで、髪を切るのは衝動であり快感だと言うお話でした。
以上、小説仕立てでお送りしました~♪最後まで読んでくれた方、お疲れさまでした(笑)
[PR]
by saku_2425 | 2008-02-06 00:29 | その他

mixi再開しました。

半年ほど前に一時退会していたんですが、再開することにしました。
勢いづいてこんな時間に設定してしまいました。
眠い眠い・・・。

ハンドルネームもそのまま「サク」ですので、気が向いたら探してみてください♪

以前、マイミクになっていただいてた方にはそのうちメッセージを送らせてもらいます。
・・・そのうち・・・。
いや、眠くってさ・・・(笑)

とりいそぎご報告まで。
[PR]
by saku_2425 | 2007-07-22 03:17 | その他

エキサイトブログからのお知らせ

2007年6月14日(木曜日)未明よりサーバーのメンテナンスのためエキサイトブログのサービスを一時停止いたします。これにより、エキサイトブログにアクセスができなくなります。

期日:2007年6月14日(木曜日)
時間:1:00AM~10:00AM(最長9時間)
内容:サーバーのメンテナンス

ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

--

また、現在頻発しております表示に関する不具合についても原因究明作業を行っております。
ご迷惑をおかけしてもうしわけありません。

というお知らせがありました。

最近、表示されにくいな、とか、重いな、とは思っていましたが、全体的な不具合だったのね。
でも、私ってば無料でこのブログサービスを使わせてもらってるのですよ。
お金も払ってないのに、こんなツールを使わせてもらってありがたいなあ・・・と思ってるので、
メンテナンスまでしてもらってありがとうございます。という感じです。

でも見に来てもらってる皆さんにはストレスを感じてほしくないので、
ぜひ不具合を解消して、スムーズなブログにしてください。と、結局ワガママを言うのでした(笑)
[PR]
by saku_2425 | 2007-06-12 13:39 | その他

更新停止のお知らせ

事情により、しばらく更新を停止させていただきます。

ちょと身の周りがごちゃごちゃしているので、
心身共に整理ができたら更新しますね。

皆さんも風邪などひかないように!

とか言って、すぐに更新したりしてね(笑)
[PR]
by saku_2425 | 2007-01-23 11:54 | その他